FC2ブログ
2020/06/02

やっと学校が始まりました



走行チェックしている時に不調に陥ってヤマハに預けていたビーノが、メーカー保証の燃料ポンプ修理から帰ってきましたので、納車整備の追い込みです。ほぼ整備は終えていて洗車して終わり、と思っていましたが、

P_20200529_112827.jpg
タイヤに切り傷が

交換予定のなかった前タイヤに切り傷を発見。そんなに深いキズではなく空気漏れとかもないんですが、何となく引っかかるので新品に交換しました。納車が伸びてご迷惑をおかけしたこともあり、ちょっとお詫びのサービス的な部分もあります。

このビーノは芸大の学生さんですが、いよいよ大学も対面での授業などが始まるようです。3月末にトゥデイ購入のご契約をいただいたのに、休学になったため帰省されてしまった学生さんがいらっしゃいます。納車整備も登録も全て終わった後で大学が封鎖されたため、こちらでエンジンを毎日かけながら保管してあったんですが、やっと大学が開くということで富田林に帰って来られて、約2ヶ月ぶりにお渡しできることになりました。聞けばこの期間オンラインでの授業はやっていたそうです。こちらに来てオフラインのリアル講義に通うようになると足はどうしても必要ですもんね。

以前ほど芸大の学生さんがバイク移動をしていない、というのはもっと芸大に近いバイク店さんからの情報で聞いているんですが、近鉄とバスで通学する人なら毎日の通学ではバイクは不要かも。ただ下宿生活なら最低でも自転車がないと不便ですよね。この間カインズからビーノを押して帰って本当にそう思いました  \(//∇//)\ 

てかバスとか電車よりも感染リスクの少ないバイクをもっと見直してくれないもんかな
  (・Д・)ノ




P_20200530_151309.jpg
シルバーを

P_20200530_184158.jpg
ブラックに

ちょっと前に仕入れていたトゥデイですが、あまりキレイではないシルバー外装でした。チョット前に黒にリペイントして置いてあった外装セットがあったので、それを使って真っ黒にリフォーム。入手するトゥデイはシルバーの方が多いですけど、シルバーって最近特に売れにくいですね。もう一台並べているシルバーも黒にしてしまおうかな・・・




やってもやってもガソリンがチョロリと漏れるレブル。新品パーツが届いたので交換します。

P_20200530_184104.jpg
どこまでセットなのか

フロートバルブとOリング (フロート室のガスケット) の交換だけのつもりでしたが、Oリングはセットで色々詰め合わせだったのでついでにそちこち交換しました。これでダメならキャブレター丸々交換しないと仕方がない、と思っていました。

P_20200530_192022.jpg
一応漏れてない、ようだ

エンジンを始動して吹かし、そのあとエンジンを止めた途端にボタボタガソリンが流れたり流れなかったり、というのが悩んでいる症状でした。部品を交換してからチェックするとボタボタと落ちてくることは皆無になりました。何度か始動しては止めて、を繰り返しましたが雫を伴う漏れは確認できません。その後一日経って確認しても大丈夫のようだったのでお渡ししました。経過観察は必要ですけどね。

古いキャブレターはサビとかで金属表面が荒れてしまい、ゴムのバルブで押しても塞ぎきれずオーバーフローする、という症状に過去悩まされたことがありました。キャブレターって新品は何万円もするので購入は躊躇する (というかだいたい予算と合わない)。だからと言って中古を探したとしても同じくらい古い年季の部品ですから、しっかり使えるものかどうかは取り替えて動作確認するまではわからないものが多い。こういうチョロッとしたガソリン漏れはその場では治まっていても翌日確認すると漏れた形跡があったりするので、なかなか一筋縄ではいかないのです。




次の納車整備トゥデイです。
P_20200531_180101.jpg
キタナイけど荒れてもいない

P_20200531_183010.jpg
クリーニングしてまるっと交換

このあと試乗して快調に走るのはチェックしております。少しだけツッコミどころがあったので、それは残りの日で追い追いやります。

P_20200602_162201.jpg
ココだけは先にやっておく

プラグは毎度強制交換ですが、プラグキャップもそろそろダメっぽいので交換しておきましょう。試乗時は何の問題もなく快調でしたけど、このまま出荷したら来年辺り不調になる可能性があるのでね。ビーノ系もそうだけどここの部品はあと少し信頼性/耐久性を上げといて欲しかったポイントですね。安いから仕方がないけど。




昨日いらっしゃったお客様。次のバイクを買うかどうか迷っておられました。よくよく訊いてみると修理をするか乗り換えるか考え中とのこと。「タイヤもバッテリーも替える時期で・・・」と逡巡して居られたんですが、バッテリーと前後タイヤの交換だけなら1万5千円くらいですから次のを買うよりは安いのでは、と提案させていただきました。ということでライブディオの整備依頼です。

P_20200602_141658.jpg
タイヤもバルブもひどいことに

2ヶ月ほど置いていたらエンジン始動しなくなった、とのことでしたが、手チョーク (※指でチョークの代用) ですぐにかかりました。音もそれほどうるさいわけではないし、調子は悪くはなさそう。

バッテリーが無くなってキック始動しようとするとエンジンのかかりが悪くてダメだと思う人が少なくないですね。キャブレター車の場合はガソリンがタンクから下りてくるまでキックを何度でも踏み続けないといけないので疲れるし、その時アクセルを開けたまま踏んでいるとカブっちゃって結局かからない場合もあるのです。この辺のコツを知っているとそう苦労なく始動させられるんですが、そうならないようにマメにエンジン始動をしておくことがいいのではと思います。まあ何度も書いているようにバッテリーがダメになったらすぐ新品にするほうが色んな意味でオススメです。キックよりセル始動の方が機械に負担をかけないし自分も疲れずに済みますし (笑)

バッテリーは新品を補充電して交換、そしてタイヤも前後交換。

P_20200602_145028.jpg
ブレーキが固まりかけ

後ホイールを外そうとしたら抜けにくい。確認してみるとブレーキカムの動きが渋く戻りが悪い様子です。メニューには無かったけどついでなのでカムを抜いてクリーンアップ&グリースアップ。ついででやればホイール取り外しの手間賃がまるまる浮きますし、軽症のうちにやると時間もかからない。完全に固まってしまうとカムを抜くだけでも一苦労で、そのぶん時間も費用も余計にかかります。

P_20200602_151121.jpg
ついでにプラグも交換

始動しにくいのでプラグも替えといて、とのオーダー。外してみると確かにコテコテでした。コレだけコテコテでこの始動性ならまあ調子の良い個体ですね。ということで次のバイクを買わずに当分このライブディオに乗られるようです。

ウチにいらっしゃったお客様に、他のバイク店に修理に持って行くと乗り換えを勧められるのでイヤだという話を一度ならず聞きました。まあ確かに乗り換えたほうが早いと思えるほどツッコミしろの多いバイクを持ってこられる方もいらっしゃいますが、このライブディオのように消耗部品を交換してまだ当分乗れるならそれをオススメすることもあります。直す場所とガマンする場所を分けて予算と天秤にかける、それを提案させていただくのがウチの仕事だと思っています。何でもかんでも乗り換えを勧めることはないので、お問合せいただけたらと思うんですが。まあそうやって乗り換えを勧めないからウチ儲からないんですね~

ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ




P_20200602_100753.jpg
ハトは・・・う~ん・・・

今朝店に出てきたら玄関の前が木の枝だらけに。何かと思って見上げたらハトが巣作りの準備中でした。店の裏側とか横の田んぼ際とかなら実害が無いのでいいんですが、玄関の上にハトがいたら糞害がたまらない。セキレイくらいの小さな鳥ならまだしも (それでも4年前のシーズンは結構閉口した)、ハトくらいのサイズはちょっとカンベン。申し訳ないけどまだ巣にはなっていなかったので、長箒でツンツンつついて逃げていってもらいました。

ツバメは来ないな~。お向かいは今年も絶賛ツバメ子育て中です。まあウチのような建物は剥き出しの鉄骨伝いにイタチなネコなどが上がるから、ツバメも安心できない建物でしょうね。



スポンサーサイト



2020/05/27

不要不急ではない他県への移動

月曜日にビーノの登録の都合で神戸に行きました。

原付は住民票のある場所での登録が前提ですが、学生さんですと下宿生活で住民票までは移さない方がほとんど。こちら富田林に遠方からおいでの学生さんは、下宿での居住証明を作って富田林 (とか河南町とか太子町とか・・・) のナンバープレートを交付してもらうことが出来ます。

そんな中で今回は地元のナンバーを取得するというレアケースです。郵送でやればいいかと思ったら神戸は郵送での登録を受け付けていないとのことで、仕方なく (まあ道楽=ドライブも兼ねて) 走って来ました。県を跨いでの移動はどうなのか、という話もありましたが、こういう事情には抗えません。「不要不急」ではないれっきとした仕事なのでね。まあ23号線は色んなナンバーのクルマがバンバン走ってました。当たり前か。

神戸での登録は15年ぶりくらいなんですが、市役所ではなく警察署横の自動車協会の扱いになっていて戸惑いました。窓口が違うだけで手続きは同じなので苦労は無いんですが、自治体によってリストラクションの手段は色々違うんだなあと。大阪市も原付の登録はかなり前から市税事務所での受け付けですしね。

P_20200528_133258a.jpg
神戸のプレートはかわいいし神戸感が伝わるので好き


その4サイクルビーノの納車整備も佳境。残すところ試乗と洗車ということでして、昨晩雨が降っていたため出られなかった試乗に今朝の開店前に出かけて来ました。

走行の少ない車体ですから特に不安要素も無く、10km程度つるっと試乗。太子町まで走っていったのでそのままついでにカインズとラムーで必要なものを買い物しました。買い物を終えて帰ろうとエンジン始動・・・

かからへん ((((_ _|||))))ドヨーン

いま10km快調に走ってきたところなのに。セルはキュルキュル回るが一切始動せず・・・

一応本職ですのでこういうのは焦らず。あきらめて店まで押して帰ることにしました。時間があればJAFを呼ぶんですが、大体電話してから来てもらうまで30分~1時間かかるので、待っている時間で歩いて帰り着いてしまうなと。と言いつつ結局40分以上かかってしまい、開店に間に合わず遅刻してしまいました。

かからなくなった原因はすぐわかりまして、燃料ポンプの不良です。これはヤマハのインジェクション車ではよくありますが、なぜかリコールになっていません (車種と年式によってはリコールの対象になっている)。このブログでも何度か書いていたはず。実は先週末にも同じ症状のジョグがありヤマハで保証対応してもらったばかりなんですが、よりによって数日後に自分がそれにハマるとは思ってもいなかった。

なので納車目前にして車体をヤマハ (のお店) に預けることになってしまいました。以前は弊店でも保証対応の作業をさせてもらえたんですが、販売店対策なのかヤマハの専売店でしか作業が出来ないようになってしまいました。作業自体はリコールと同じで、特別なものは何も無いんですけどね。

自分は40分バイクを押し歩きしてまあしんどい目に遭ったわけですが、これを気付かず納車していたらお客様が同じ目に遭っていた可能性が高いので、その方がずっとマズいわけです。納車は伸びてしまい恐縮しきりですが、ちゃんとしたモノをお渡ししますのでご勘弁を。まあ自分も40分歩いて日頃の運動不足を解消できたしイイかな。(※その晩携帯を見たら6600歩しか歩いてなかった)

このヤマハの燃料ポンプの故障は、今から気温が上がる季節にどんどん増えると思われます。リコールではなく発生してからの保証対応なので、まだまだ対策されていない車体がたくさんあるはず。ホントにこれ全車リコールにして欲しいなあ。まあ症状が発生しないこともあるんでしょうし経営のこともあるでしょうけど、「ブレーキケーブルに水が入って云々」みたいなリコールより遥かに発生件数が多い事象ですよ。




レブルの部品が届いたので補修をば。

P_20200526_201520.jpg
折れたネジは新品に

これは取り替えるだけです。ステップを一旦外したり余計な一手間はかかりましたが、まあすぐに終わる程度の作業です。それにしても結構しっかりしたネジなのに折れるもんなんですね。見た目は錆びているように見えますが、別に朽ちたりしているわけではありません。オーナー様チカラ入れて踏みすぎたんでしょうか。

P_20200528_113501.jpg
燃料フィルター

前回書いたように大きなゴミが入って引っかかるみたいなので、燃料フィルターで対処することに。これが細かいサビの粉とかが入っていくようだと、経験上フィルターでの対処は無理です。そういう意味ではこれで防げるだけマシかも。

ただガソリン・オイル・水などの液体系の漏れはよくよく診ておかないと直っていないことがある。ここでこう書いているのは直っていなかったから、なんですが・・・。




修理依頼のお電話をいただきました。バイクがガタガタ振動する、エンストする、クラッチがおかしいと言われた、とのことです。こうして文章に起こすとすぐ症状は分かるんですが、電話で聞いているだけだとなんとも伝わってこないもので、とりあえずそのバイクに乗っておいでいただきました。車両は最終型ライブディオです。

現物を確認するにクラッチが繋がりっぱなしで、エンジンをかけた途端に走り出す状態でした。ゆっくり走るとガクガクするし停まるとエンストする。そりゃそうなりますね。

こういう症状でよくあるのはクラッチスプリングの折損です。ライブディオは長年作られていてマイナーチェンジが多かったので、年式によってパーツが細かく変更されています。なので手持ちの部品があるかどうかはわからない。バラして点検しないと交換する部品の範囲もわかりませんから、代車をお渡しして一旦お引取りいただきました。

P_20200527_133214.jpg
ものすごい汚れ

駆動系のカバーを外すとドロのように汚れが堆積している。これはベルトもクラッチも相当減ってますね。

P_20200527_133356.jpg
えげつない

この写真では何も伝わらないでしょうが (当ブログ全体的にそうでしょうが)、クラッチのスプリングどうこうより、減りすぎて金属がグリグリに削れていました。スプリングだけではなくシューも、クラッチのユニット自体もちょっと使えない状態です。これはスプリングが切れてからず~っと不便なまま乗り続けていたのでは? 

P_20200527_133412.jpg
スプリングはドロの中に埋まっていた

P_20200527_142515.jpg
ローラーもえげつなく減ってる

P_20200527_142531.jpg
ベルトも細いしヒビヒビ

まあプーリー以外は総取り替えが必要という状態でした。

ベルトとローラーは手持ちの新品部品があったんですが、クラッチは年式違いのものしかない。困ったな、と思いつつ20分ほど情報収集しまして、妥協案ですがスクーピー用の中古クラッチをまるごと流用することにしました。

厳密には違う部品ではあるんですが、スプリングレート (強さ) 以外は同じ番手または寸法の部品ですからポン付けできます。オーナー様はとにかく制限速度を守って走るとのことなので、劇的な性能悪化がなければ良かろうと。まあ上り坂が登れないようだと困るんですが、パワーの無いスクーピー用をライブディオに使って走らなくなるというのはないでしょう。ということをオーナー様に了解の上組み立て。

P_20200527_143407.jpg
全部キレイに掃除して取り付け

試乗をしてみました (300mほど) が、なかなか快調です。30km/hの制限なんてすぐにオーバーしてしまうな。ベルトはもっと細いほうが制限速度内でトルクを有効活用できそうですが、そうすると燃費も悪化するだろうし、これはこれでバランスが取れているんでしょうね。




最初に書いたレブルの修理、直っていませんでした (つД`)ノ

P_20200527_172612.jpg
ジョージョー漏れる

P_20200527_175716.jpg
ガスケットも切れてしまった

もうキャブレター開けるの5度目。まあ直さないといけないので何度でも開けてみますが、ちょっと憂鬱なのと何でや?の探究心が半々。

常に漏れ続けているのならキャブレターの劣化だとあきらめて別のキャブを探さないといけないんですが、漏れない時はまったく漏れない。エンジンを止めた時に一度漏れ出すとず~~っと止まらず漏れつづける。それがエンジンをかけて何かのきっかけで漏れが止まるともう全然漏れない・・・

ゴミはフィルターで避けられています。何きっかけで漏れ出し、何きっかけで漏れなくなるのか?

P_20200527_180019.jpg
下側のフロートが引っかかっている

P_20200527_180616.jpg
フロートバルブを入れ替えると上側が引っかかる

1時間以上クニクニとキャブレターを弄り回した結果、漏れる側のフロートバルブは特定の位置と角度で引っかかって閉まらなくなる、という症状を発見しました。肉眼で見ても引っかかる方と引っかからない方のバルブは何も変わったところが無い。どこがどう引っかかるのか不明ですが、キャブレターをある角度に傾けて戻すと写真のように片方は治まらなくなるんです。

現状漏れる症状は片側だけなので、原因としてはそれが有力。バイクをある角度に傾けたらその症状が出てしまうんでしょう。ということでまた部品の発注をしました。あさってくらいに来るかしら。これらのパーツの交換でキレイに症状が治まってくれたらいいんですけどねぇ。


2020/05/25

街中が混んで来ました

緊急事態宣言が解除されて数日、人出は明らかに増えたようです。とりあえず向かいのしまむらさんは盛況のようで、明らかに駐車場に停まっているクルマの数が違う。みなさん今までガマンしてきていたんでしょうね。ソロソロと動き出すと前回書きましたが、感染リスクの少ないところから活気は出てくるんでしょう。もうしばらくの間マスクは手放せそうに無いですが (どちらかといえばマスクは使っていない方なんですけど)、日常を取り戻せたらありがたいなあと思います。

P_20200522_104639z.jpg
野鳥にコロナは関係ない

ケケケケケケと大きな声がして何だ? と除いてみたら見かけない鳥でした。セキレイだのサギだのは毎年来るんですが、この名も知らぬ鳥は初めてです。5分くらいケケケケ鳴きながらウロウロして、いなくなってしまいました。見た目キレイな鳥なのに鳴き声はあまりキレイじゃないですな。




P_20200522_183401.jpg
ダメシートをずる剥けにして

P_20200523_203246.jpg
張りなおし

ピンクスクーピーのシートがキタナイままだったので張替え。ブラウンの床に合わせて張替えです。




修理車両を引き取りに行きました。知り合いより譲ってもらった車体だそうですが、なかなかな状態です。エンジン自体はかかるようなんですがガソリンが漏れるのとチェンジのペダルが取れた、とのこと。電話では状態がわからなかったんですが、引き上げてきて点検。車種はホンダのレブル250です。ナツカシ~

P_20200523_135025.jpg
ねじが折れて

チェンジのペダルが折れて4速固定に。走っている途中で折れてしまったそう (!) そんなことあるんですね。ミッション車に慣れていれば何らかの対応は出来ると思いますが、機械に疎い人だったらパニックになるかも。

このネジはツチノコみたいなカラー一体型の特殊な形状で、汎用品では代用が利きません。ここはホンダ純正を注文することにしましょう。

P_20200523_135238.jpg
なんだこのテープ

ヘッドライトが切れているので電球交換。ライトケースをバラしてみたらソケットがテープで貼り付けてありました。ズレて外れないようにしているのか。取り替え自体は特に問題なく、普通に交換できて点灯も問題なし。

P_20200523_143257.jpg
ゴミが・・・

ガソリン漏れはキャブレターからですが、とりあえずバラして点検することに。内部の汚れはまあボチボチありましたが、それよりも砂のようなヒジキのようなゴミが入っていました。コレが引っかかってオーバーフローしたと考えられます。どこから来たゴミだか?

一度掃除して組み立てましたが、ガソリンを流すと再度オーバーフロー。もう一度バラすとまたヒジキが (´・_・`) タンクの内部が汚れているんでしょうか。

タンク内の洗浄が必要かもしれませんが、細かいサビが流れてきているわけではないので燃料フィルターで避けられるかも知れないと判断。これも注文しました。届いて取り付けてから改めて判断したいと思います。




4サイクルビーノをご契約いただいたので、納車整備です。これは走行が少ないのであまり気を遣うポイントはありません。

P_20200524_131657.jpg
水周り点検

変質や漏れもなく特に問題はありませんでしたが、予備タンクの水量は減っていました。これは距離というより経年数の問題でしょう。蒸発するので点検しておかないといけません。ラジエターは汚れも無くキレイなもの。

P_20200524_134759.jpg
バルブはワレあり

後輪は限界。8000km新車時のタイヤで走りきりました。前輪は5分以上残っているので交換せずに出荷するつもりです。




P_20200524_224435.jpg
今のところこんな感じ

スクーピーは仮組み。いい感じですがブラウンのシートはちょっと違うなと。シートの張替え、サビの出ているホイールのリペイントなど、もう少し手を入れていきたいと思います。


2020/05/20

来客が少ない時はペイント三昧

大阪の緊急事態宣言が解除されました。

外出の自粛が微妙に続く状況下ですが、緊急事態宣言が解除されたとしても、いきなりワッと皆さんが行動的になってセカセカ動き回るようになるかどうかはわかりません。学校の休みもあと少し続きますし動きたくても動けない人も多いでしょう。あまりゴミゴミした場所に近づくと沈黙していたウィルスが動き出す可能性もないとも言えない。なのでソロソロと動き出す、といった感じではないでしょうか。

密です
密です

今月は販売のみならず修理での来客が少なく、ヒマな日が多いです。中古車販売の台数というのは季節により日によりムラがあるもので、3台売れる日もあれば半月売れない時もあります。なのでこのヒマ加減がコロナ自粛のせいなのかどうかは正直判断できません。まあ行動したい欲求や必要性が増せば、それに比例してバイクの販売などの来店は増えていくでしょう。




P_20200517_132421.jpg
飛び込み修理

ヘッドライトの不点灯とかの修理はポツッと入ったりします。ダメになった電球をサクッと取り替えて終わりです。




P_20200516_133724.jpg
このキズモノを直す

前回ペイントしていたビーノのカウルですが、乾燥したので取り替えました。きっちり色が合えばこの部分だけ塗ればいいんですが、ここだけ塗ってキレイにできるほど色を合わせられる自信がない。パール系の色なので塗り方で全然黒くなったり赤くなったりでトンチンカンになりそうだし、ガリキズを埋めて下地を作る時間を考えればマルッと塗るほうがはるかに速いのです。

クルマの板金屋さんはこういう部分のキズを部分補修でキッチリ仕上げるんですよね。当ブログではペイント関連の記事を時々書いてますけど、本職の方にはまったく腕が及びません。

P_20200516_174230.jpg
それなりにツルッと

組み上げましてまあそれなりに仕上がりました。エンジンも始動するようになりまして、これはそのまま店頭へ。

P_20200516_192938.jpg
やってしまった

これは翌日の写真ですが、次の塗装にかかろうとしたら前日の茶色のペンキが固まってしまっていました。季節的に当然ですけどかなり暖かいので、冬と違い塗料の硬化が早いんですね。油断していました。これでは次の塗装が出来ないわけでして、塗装はがし剤でシコシコ洗うこと一時間。キレイに固まった塗料を取り除きました。こういうので貴重な時間をムダにするんですよねぇ ( ノД`)

P_20200516_213656.jpg
先日外したピンクの外装が

ピンクのトゥデイを黒にして店頭に出していますが、そのピンクの色褪せカウルをまた黒にしてしまいました。黒があればまず黒が売れる状況、というか黒が無ければ買わずに帰られてしまうイキオイなので、とりあえずトゥデイのブラック外装は予備を置いといてもいいレベルです。まだベースになる車体はないんですが。



P_20200520_232242.jpg

スクーピーが一台入荷して、動作確認が出来たのでこちらも仕上げて出そうと。こちらは薄~いイエローなんですが、前フェンダーにヒビあり。せっかく直すならこの薄イエローじゃなくて何かないかと。ブラウンも考えたんですが結構どこでも見かける色だし、店頭がモノトーンか暖色系ばかりでツマラナイので、薄~いミントグリーンのツートンにすることに決めました。

この写真の時点では上塗りをしただけの状態ですが、水研ぎをしたらピンホールが出たり下地が出たりで大変、このあとガッツリ水研ぎして塗りなおすことになりました。

このグリーン系というのが中古車では全然人気がないんですが、シートも張りなおしてコーディネートしたら見映えがするんじゃないかと前々から思ってたんです。軽四では流行ってますよね、ツートン。軽四とは違う色味で塗ってみましたが、仕上がるのが今から楽しみです。


2020/05/15

ガソリンが安いのはありがたいが

ガソリンが安くなっています。

世界的なコロナ禍が原因なので単純に喜んでばかりもいられない話ではありますが、こういう流れで需要が無くなることもあるんだなあと。そうなってみれば当然のことながら、想像もしていない話でした。タンカーの原油が下ろせず原油先物がマイナス価格 (≒もってけドロボー) になったというニュースにはビックリ。こんなの今まで聞いたことがないですね。その割にガソリンの実売価格はそこまで下がっていない気もしますが。まあ日本はガソリン関係の税金が多いですからねえ。

ともあれ経済的に逼迫している今、移動のコストが下がるのはありがたいと思います。もうちょっと安いまま続いてくれ~


P_20200514_110112.jpg
苦味とコクとな

好きでいつも買っていたBOSSのアイスコーヒー1Lパック (販売はサントリーではなく雪印メグミルク) が終売になってしまってから、次の好みを探して彷徨しています。250円/Lクラスだとそんなにマズイと感じるものには当たらないけど、100円/Lあたりで何とか好みに嵌るものがないものかと。

このスジャータはドンキで売っていたもの。そんなにマズいわけじゃないけど「苦味」「コク」共にイマイチ。同じめいらくのモノでも200円近いホテルコーヒーだったら全然違うんでしょうねえ。でもハイオクより高いのってガブガブ飲む気にならないし。ケチくさい話ですが。




整備していた車体の納車をすべて終えましたので、次の車体の作成にかかります。トゥデイです。

P_20200513_172940.jpg
色褪せピンク

このトゥデイはエンジンや車体はしっかりしているものの、ピンクのボディが日焼けで所々シルバーになってしまっておりまして、前フェンダーも割れたりしているので外装交換の必要アリ。ピンクメタリックはもう一台既に店頭に並んでいるので、コレは黒にしてしまいます。

P_20200514_192506.jpg
まっくろ

以前取り外したキズモノのカウルを、納車整備をしている間や残業で少しずつ補修してリペイントしていました。黒はすぐ出てしまうので、この外したほうのピンク外装も黒にしておこうかな。中古車では黒ばかり売れるけど、探すと黒って意外に多数派じゃないんですよね。他の店でも黒いトゥデイ (と言うより黒いスクーター全般) は黒いカウルを後付けしたものが圧倒的に多いんじゃないでしょうか。




この2日の間に瞬間修理をした話をふたつ。ひとつ目は数年前に弊店でお買い求めいただいたアドレスV50。エンジンをかける時にたまにセルも回らず起動時の警告灯も点かない時がある、走っている時突然止まったことがある、という内容。

おとといは自走して来られたんですが、「最近自分でバッテリーを新品に替えたばかり」とのこと。

そこ、怪しい。

なのでリッドを開けてバッテリー端子を見てみたら、案の定、ネジが微妙に緩んでいました。バッテリー端子は少しでも締め付けが甘いと接触抵抗で通電しなくなります。セルを回して「カチッ」と音がした途端に全ての警告灯が消えて死んだようになるのは大抵そこが原因じゃなかろうか。軽トラックなんかでも同じです。

ドライバーでグリッと締め付けて終わり。お代はいただきませんでした。この程度の作業でもウチで売った車体でなければタダじゃやりませんけどね。


ふたつ目は突然押して来られたトゥデイ。これはウチで売った車体ではないな・・・。単純にエンジンがかからない、とのこと。バッテリーがダメになりキックで始動させておられたようなんですが、キックしてもかからなくなったと。そうですか。

とりあえずキーオンにしてキックしてみると「パチパチパチ・・」と点火の音がする。点火の音はいいけれど、点火はエンジンの中でしないといけません。外で点火してもエンジンはかからない。

P_20200514_213054.jpg
プラグ崩壊

プラグキャップからの漏電かと思い、キャップにアクセスしたら既にキャップが浮いていました。プラグを抜いてみると写真右のように頭がスッポ抜け状態。年に一度くらいはこのトラブルがありますね。すっぽ抜けで火花を使ってしまい、エンジンの中では火が弱くて点火できないということでしょう。プラグを新品にしたらすぐにエンジン始動しました。プラグ交換の1000円で修理完了。

ただバッテリー無しでの運用は他のトラブルを呼びますよ、とお伝えしておきました。バッテリーを充電するための電力が他に流れてパンクしてしまいます。




トゥデイを組みつつやっていたのはこちら。

P_20200514_222416.jpg
ビーノの外装

ブラウンパールのビーノが入ったんですが、こちらはコケてガリキズあり。そこだけ替えても色が少し合わない可能性があるので、以前外したブラウン外装を少しだけ補修してリペイントしました。明日までにクリアーが硬化していたら、明日組み立てましょう。ビーノのブラウンもニーズが高いので、早く出したいのです。